×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビーチバレーボール ボール〜日本では情報!

ビーチバレーボール ボール〜日本では

カテゴリー :ボール

 ビーチバレーボールも、ニュースポーツの1種で、若い人を中心に人気が出てきています。海岸の砂の上で行われるという珍しい競技で1930年代にアメリカの西海岸サンタモニカで誕生しました。ブラジルでも人気はすごく、ファミリーマッチが盛んに行われています。

わが国では、日本バレーボール協会が、日本ビーチ・ソフトバレー連盟をつくり、統一ルールのもとに普及に努めています。1996年のアトランタオリンピックの正式種目にもなりました。
 用具は、ボールとネット。正式な競技では国際バレーボール連盟の公認球を使用、バレーボール用のネットを立てます。服装は、ショートパンツか水着に、シャツを着用、はだしで競技します。帽子は被ってもよいことになっています。 
 コートは18×9メートル、貝殻や小石などの混じっていないきれいな砂で、凹凸のない水平な場所を選びます。ラインは、ロープか帯状のラインテープで引きます。競技は、屋外で行うのに適した気温のときを選ぶことになっています。

ビーチバレーボールは、2人対2人で試合しますが、ルールは通常のバレーボールとほとんど同じです。サーバーのサービスで試合が始まります。相手のコートに打ち返すまでに、3回を超えてボールに触れることはできません。また、同じ競技者がブロックを除いて、2回ボールに触れることもできません。
 ボールがコートに落ちるか、アウトになるか、正しく返球出来なくなるまでラリーは続けられます。

このビーチバレーボールは、3人対3人、4人対4人で、ビーチボールやソフトバレーボール用のホールを使い、サービス方式などを工夫すれば、子供から中高齢者まで誰もが楽しめる競技にもなります。

コラム > ビーチバレーボール ボール〜日本ではについて書かれています。

ビーチバレーボール 新舞子〜マリンパーク

カテゴリー :新舞子

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから生まれた砂浜などで行われているスポーツです。浅田選手や鈴木選手浦田選手などご存知の人も多いかと思います。
 砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦するメジャーになりつつある競技です。アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。

今では女子のビーチバレーボールの浅田美和選手、鈴木選手や西堀選手浦田選手などによりギャラリーが多くなってきています。

ビーチバレーボールなどのビーチスポーツが行われる、新舞子マリンパーク(しんまいこまりんぱーく)は、名古屋からも一番近いマリンレジャースポットとして知られる新舞子マリンパークです。
 約400メートルの砂を敷き詰めた人工海浜「ブルー・サンビーチ」と海を目前に広大な芝生広場がひろがり、夏は海水浴、1年を通じてピクニックやスポーツを楽しむ人々が訪れます。
また、屋内休憩スペースとして敷地中央に新舞子マリンパーク管理事務所、ブルー・サンビーチ側に休憩所があります。事務所近くの車椅子用駐車場と事務所の間に車止めがあります。

コラム > ビーチバレーボール 新舞子〜マリンパークについて書かれています。

ビーチバレーボール 新舞子〜アクセス

カテゴリー :新舞子

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから生まれた砂浜などで行われているスポーツです。浅田選手や鈴木選手浦田選手などご存知の人も多いかと思います。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦するメジャーになりつつある競技ですね。アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。 今では女子ビーチバレーボールの浅田 美和選手などによりギャラリーが多くなってきています

ビーチバレーボールなどのビーチスポーツが行われ、明治から昭和にかけて、一大別荘地として知られた新舞子
 今では名古屋から一番近く、お洒落な浜辺のリゾート地として一年を通じ、若者からファミリーまで多くの人々の人気を集めるベイエリアスポットとなっています。

新舞子へは、公共交通機関を利用する場合は、 名鉄新名古屋駅から常滑線「新舞子」駅にて下車し、 駅から歩いて8分(所要時間40分)です。
  車を利用の場合は、 国道155号線・247号線(西知多産業道路)の知多市・江口インターよりすぐ または知多半島道路・阿久比インターから10分です。

コラム > ビーチバレーボール 新舞子〜アクセスについて書かれています。